中学三年生の継続通塾をするには…

こんにちは。
塾生の対象学年は、何年生ですか?
通常、小学生・中学生が多いと思います。
高校生は、指導講師の工面が大変である、自ら教えられない、という理由でなかなか「手を出せない」と思います。
中学3年生が受験が終わり、卒塾してしまうとその人数分を「補てんする」ことがいつになるかでやきもきしてしまうでしょう。
半分でも「残って」くれたら、ずいぶんと経営が楽なはずです。
こうしたらいかがでしょう…
高校1年生の1学期までは、英語だけ或いは数学だけ、週1回指導する。
この程度であれば、まだまだ学習内容が易しいですか教えることも講師の工面も楽なはずです。
そして、夏までに「回復人数を確保」していくことです。

関連記事

  1. 個別指導塾のこれから⑦
  2. 学習塾のホームページの有効性①
  3. 身近な人の意見は活用しましょう
  4. お問合せの多い質問①
  5. 事業部・会社として学習塾を成功させるためには、フランチャイズ加盟…
  6. 私たちはサービス業者なのです
  7. 雑談雑考;個人経営塾には賞味期限がある
  8. 夏の雑考雑談②;学習塾で働く講師・教室長…

ブログカレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP