教室展開③:人材育成

先月、ある団体のセミナーを行いました。その団体の依頼は「教室長の育成」について話してほしい、ということでしたのでまずは「適(人)材の採用について」講演をしました。その一部をご紹介します。
教室長を雇用する場合に面談をするでしょう・・・明るい人、元気な人を採用しようとしますが「1回や2回の面談」で果たして人間理解ができるでしょうか?
物静かな人でも「熱き思い」の人もいますし、一見元気な人も「その場しのぎのカラ元気」も否定はできません。
できることなら、弊社で活用してるような「その人の持つポテンシャル」を測れる診断ツールを使うことを勧めます。
主観的経験値での判断に加えて、科学的見地からの情報が適する人材の雇用に繋がります。

関連記事

  1. 教室展開⑤:リスク低減には複数教室同時開校を
  2. 個別指導の限界
  3. 夏の雑考雑談⑪;学習塾の開業・起業「学習塾と学校は違うのです。」…
  4. 雑談雑考:学習塾経営者の成功する資質、似て非なる「頑迷」と「信念…
  5. 新学期に向けて・・・新入塾生募集を
  6. 雑談雑考;教務力は成功する為の必要十分条件ではない
  7. 夏の雑考雑談④;安易な・おいしい話は危ない
  8. 雑談雑考:伸びている塾は何が違うのか?

ブログカレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP