教室展開②:なぜ「二の足を踏む」のか?

上手くいっている「自分の教室」。二教室目を出すことに消極的な塾長の一番の理由は
「自分と同じ質を保てない」だろう・・・からです。
これは、その通りであり、実際にに教室目を出して失敗している例が数あります。
それでも、10年先、29年先を見越せば複数教室展開をしなければなりません。
「老いる」からです。
今と同じようにエネルギッシュにできなくなるからです。
さて、どうすれば複数教室展開を成功させらるのか?
「自分と同じ質を求めないこと=マニュアルではなくシステムを創る」ことです。

関連記事

  1. 夏の雑考雑談⑩;学習塾の起業・開業「月謝が画一的なフランチャイズ…
  2. お知らせ:キャンペーンの終了
  3. これから生き残る学習塾経営①
  4. 学習塾の独立開業を成功させるには②
  5. 個別指導塾のこれから④
  6. 夏の雑考雑談⑨;学習塾の開業・起業・開校の成功確率の一考察(2)…
  7. 雑談雑考:塾生は、何年在籍するのか?
  8. 窶「窶「学習塾の起業・開業・開校のために⑨(教室を増やす)

ブログカレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP