感受性欠如の悲劇

こんにちは。
やる気満々、熱意十分、自分ほど熱心に授業をしている人間はいないはず、子供のことを思う気持ちは絶対負けない…
なんて思うこと自体がおこがましいことに気づいていないならば、その方は「感受性欠如」です。
まず、「何との比較」でそう思うのでしょう?
授業内容や熱意…どうやって、図るのでしょう?
挙句に、躾や親の教育とまで「のたまう」…
全て、自己満足と自己美麗です。
今まで、多くの塾に関わってまいりましたが瞬間風速的には成功しても「長続き」した塾はありません。
自信はもっても傲慢はいけません。
謙虚さ重要であり、自画自賛は最低です。
学習塾は、信用されて入塾し、信頼になり継続していただきながら、月謝としての「お金」をいただく、たぐい稀な職種なのです。

関連記事

  1. 身近な人の意見は活用しましょう
  2. 番外タイトル:塾コンはなぜクライアントを明かさないのか?
  3. 塾生募集の虎の巻③「鳴かず飛ばずの折込チラシ」
  4. 学習塾成功法⑯
  5. これからの生き残る学習塾経営④
  6. 夏の雑考雑談⑥;毎年仕切り直しが学習塾の宿命ならば…
  7. 雑談雑考;学習塾のホームページについて①
  8. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑫

ブログカレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP