学習塾の教室運営を職人技にしてはいけません

こんにちは。
個人経営塾(塾長が教務を行い、学習塾の運営も一手に塾長が行っている塾)は、「個人経営の飲食店」と経営的意味では何ら変わりません。体力・気力勝負。加齢とともに「味」が落ちる。
代替わりしたとしても、オヤジの味には勝てない。
学習塾経営を「職人技」にしていたのでは、将来がありません。
個人経営塾成功の方法として、二通りの経営戦略があります。
どちらにしても、「自分しかできない教務・指導スキル」だけの塾経営は、5年から10年間ピークを迎え、その後、緩やかに下降線をたどります。
脅かすつもりは、まったくありませんが「経営体力がある」内に、戦略と戦術を練り、将来にわたり、安定・発展的な経営をされることを願うばかりです。

関連記事

  1. 最低な講師とは…
  2. 教室運営活性化とは⑤「改善の一歩は閉塞感の払拭」
  3. 教室展開②:なぜ「二の足を踏む」のか?
  4. 雑談雑考;学習塾経営は儲かるのか?
  5. 雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは・・・・・
  6. 学習塾の独立開業を成功させるには⑥
  7. 学習塾の独立開業を成功させるには①
  8. これからの生き残る学習塾経営⑥

ブログカレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP