なぜ、成功する学習塾を「創成」なのか?

学習塾の存在価値は、児童・生徒の学力向上・学校の成績向上なのは当たり前ですから「どこの学習塾でも同じ」目標を掲げ、目的は収入を得ることに異を唱える方はいないでしょう。

陳腐な例で恐縮ですが、自動車メーカー。安全かつ快適に目的地にトランスポートする為に車はありますが、様々なコンセプトがあり単なる移動手段としての車ではないのは周知のことです。

今や昔かもしれませんが「技術の日産、販売のトヨタ、エンジンのホンダ、軽ならスズキ」等々。

特に、学習塾の場合は、提供サービスの特色・特異性を顕在化しづらいかもしれません。それが証拠に「どこも似たり寄ったりで、あげくは、各フランチャイズでもその内容は特質すべき差異はないと思います。

学習塾を成功したいなら、独自性と特色が必要です。これは既存塾にも当てはまる差別化の具体化です。

学習塾業経験者が有利?そんなことはありません。異業種からの参入の方でもいやだからこそ固定観念に囚われない強みがあるかもしれません。

塾コンは、開業・起業の成功確率98%(2%の失敗の理由も大切)です。なぜなら、開業・起業される方々の強みを活かして「創り上げる」からなのです。

それができる組織・コンサルタントは殆どいないでしょう。

地元にリターンしなければならない、現職が合わない・先がみえた、将来が不安、文化的生活ができる老後を、就職しようにも碌な仕事がない、学卒で起業したい・・・学習塾は、自己実現できる素晴らしい仕事です。

塾コンは、学習塾起業・開業される方に様々応援特典を行っています。

先ずは、無料の「開業・起業説明会」を活用されたら如何でしょうか。

 

 

 

関連記事

  1. 学習塾の独立開業を成功させるには②
  2. G.W悲喜交々②:学習塾開業者のそれぞれ
  3. 個別指導塾のこれから②
  4. 学習塾経営・学習塾専門コンサルタント養成についてのお知らせ
  5. 学習塾の将来性②
  6. 雑談雑考:どんな塾が「今」ウケているのか?
  7. 塾生30名で利益が出なければ運営に問題がある
  8. 6月でも入塾する方法

ブログカレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. *
  2. *

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP