雑談雑考;塾生募集の要諦①

塾生が集まらないことには、全く仕事にならない。

開業して3ヶ月で10名未満も珍しくなく、既存塾でもかつては50名は確保していたのに、最近は30名も危ない。

紙面媒体;折込チラシやポスティングに依存するのは、反応が薄い昨今では得策とは言えませんが、手っ取り早い募集ツールであることには変わりません。

ならば、紙面媒体の反応をよくすることが目下の課題となります。

目安として、

○ポスティング3000枚で反応が3件以上はほしいところです。

※新聞折込は、地域により有効な場合もあります。⇒1万枚で3件以上の反応がほしい。

「業界」では、新聞折込2万枚で1件の問い合わせがあれば、3000枚のポスティングで1件の反応があれば…良い方だと言われています。

然し乍ら、これでは経営体力が弱い開業当初や、個人経営塾では全く受け入れられない。⇒その時に使った金額をその時に回収が望ましい。

紙面媒体の内容を「創る」ことでこれが可能になるのです!

・自塾の「本当の」強みを抽出⇒ありきたりな内容はダメ

・近隣塾のターゲットを絞る⇒全方位的広告はアタリが薄い

・これだけは「譲れない」ものを創る⇒差別化の具体化

「反応が良い紙面媒体を創る」為には、相応の手法と思考ツールが必要なのですがほとんど方;塾長はもとより、フランチャイズ本部やコンサルタントですら は、知らないでしょう。

塾コンは知っています、そして提供できます。

「今年は飛躍するぞ!」の気持ちさえあるならば、Jconは支援を惜しみません。

先ずは、「無料相談」をご活用下さい。

 

 

 

関連記事

  1. これからの生き残る学習塾経営⑥
  2. 雑談雑考:塾生募集の適時とは
  3. GW特集;学習塾の実際「現場で起こる悲喜交々③」
  4. 雑談雑考:「学習塾成功の本質」
  5. 「学習塾経営・教室運営について⑦
  6. 教室運営活性化のススメ;無料「現状分析」のお知らせ
  7. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑮
  8. チラシの反応が鈍い…のは事実です。

ブログカレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP