雑談雑考;個人経営塾には賞味期限がある

熱意ムンムン、体力十分、教務力もある塾長の教室はGOOD!

他塾をよそに年収が600万円以上、塾長によっては1000万円も当たり前。

しかしながら、塾長の年齢が40歳を過ぎた頃から「陰りが」見え始めます。言わずもがなのことで「若い意識ではあるが加齢の影響がヒタヒタと忍び寄る」からです。

また、家族を持ち、子育てをしようにも自分が毎晩夕食も一緒にできない家庭環境、家庭崩壊と離婚率が高い「笑えない」業種。

開校して3年以上、40歳前に自教室の他に複数教室を運営しなければ、「気力の減少とと安定志向」でずっと1教室のまま・・・多いのです。

★複数教室展開を成功させる戦術⇒複数教室展開

★1教室のまま、家族生活を安定、塾以外の収入を得る⇒コンサルタントで収入を得る

考える時期が来ている塾長は、是非とも塾コンに連絡してみてください。

明るい将来が見えてくるはずです。

 

関連記事

  1. 「学習塾経営・教室運営」について⑭
  2. これからの生き残る学習塾経営③
  3. 学習塾経営について①
  4. 夏期講習の内容は?
  5. 塾内講演会の勧め
  6. 自画自賛の塾は…
  7. 年相応の教務を
  8. 学習塾経営について⑨

ブログカレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP