年相応の教務を

年齢が若いときは、熱意いっぱい、多少は乱暴な物言いでも子供は「ついてきて」くれます。
でも、若くはない年齢で「かつての教務」をしていてはアホです。
熱意は、信頼性に
言動は、丁寧で真摯な表現に
年齢とともに教務内容も変えていかなければ「質の良い教務」は維持できないのです。

関連記事

  1. 雑談雑考;乱塾時代の学習塾成功法はあるのか?
  2. 学習塾のホームページの有効性①
  3. 学習塾経営を成功へ導くには
  4. 個別指導塾のこれから③
  5. 集まる学習塾に変革しませんか?
  6. ホリデイ・ブレークの雑談;ある学習塾開業者A氏の話 …続き
  7. 「学習塾経営・教室運営」について⑦
  8. 夏の虫と学習塾

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP