年相応の教務を

年齢が若いときは、熱意いっぱい、多少は乱暴な物言いでも子供は「ついてきて」くれます。
でも、若くはない年齢で「かつての教務」をしていてはアホです。
熱意は、信頼性に
言動は、丁寧で真摯な表現に
年齢とともに教務内容も変えていかなければ「質の良い教務」は維持できないのです。

関連記事

  1. 教室展開②:なぜ「二の足を踏む」のか?
  2. 学習塾開業成功事例;未経験・早期退職・56歳・妻帯者・地方リター…
  3. 雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは・・・・・
  4. 学習塾の起業・開業・開校のために③
  5. 事業部・会社として学習塾を成功させるためには、フランチャイズ加盟…
  6. 中高年学習塾開業成功事例;56歳・メーカー勤務・妻子有
  7. 学習塾の教室運営を職人技にしてはいけません
  8. 個別指導塾のこれから⑩

ブログカレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP