マンネリ化と信頼性の違い

集まらない多くの塾の特色は、「講座内容が今のニーズに合わない」ことです。
十年来、ずっと同じ教務内容である。
これでは、飽きられ、新鮮味も薄れてきます。
これをマンネリ化と言います。
指導する側もだんだんと「慣れ」てきて、熱意や指導品質が知らず知らずに落ちていくものです。
だからと言って、コロコロと主観的な平常授業の教務内容を変えていたのでは、「落ち着かない塾」になり、信用性が低下します。
新しい風…ニーズに合った教務内容を「探る」には、テスト対策のやり方を新しくする、とか、意気別講習会の内容を変えてみる。
これが必要なのです。

関連記事

  1. 個別指導塾のこれから⑦
  2. 教室運営活性化とは③「問い合わせがないから仕方ないは罪」
  3. 雑談雑考:夏の思い出②「24時間マラソン勉強会」
  4. 学習塾の独立開業・起業・開校を成功させるには⑨
  5. 教室展開⑤:リスク低減には複数教室同時開校を
  6. 個別指導の講師はなぜ座っているの?
  7. 窶「窶「学習塾の起業・開業・開校のために⑨(教室を増やす)
  8. 危機管理

ブログカレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP