マンネリ化と信頼性の違い

集まらない多くの塾の特色は、「講座内容が今のニーズに合わない」ことです。
十年来、ずっと同じ教務内容である。
これでは、飽きられ、新鮮味も薄れてきます。
これをマンネリ化と言います。
指導する側もだんだんと「慣れ」てきて、熱意や指導品質が知らず知らずに落ちていくものです。
だからと言って、コロコロと主観的な平常授業の教務内容を変えていたのでは、「落ち着かない塾」になり、信用性が低下します。
新しい風…ニーズに合った教務内容を「探る」には、テスト対策のやり方を新しくする、とか、意気別講習会の内容を変えてみる。
これが必要なのです。

関連記事

  1. 雑談雑考:学習塾経営の成否を分けるのは・・・・・
  2. 個別指導の限界
  3. 学習塾開業成功事例;未経験・脱サラ・45歳・4人家族
  4. チラシの反応が鈍い…のは事実です。
  5. 雑談雑考:夏の思い出①「心頭滅却すれば火もまた涼し?」
  6. 学習塾経営について①
  7. 教室運営活性化とは①「塾生募集を戦略的に考える」
  8. これからの生き残る学習塾経営③

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP