塾長・経営者の熱意や言うことをそのまま伝えようとすることが間違っているのです。

塾長は嘆きます。
なぜ、自分の言うように「下」はできないのか!
自分が100度の温度で言っていることが下に伝わるほどに「温度が下がって」しまう。
当たり前です。
自分のコピーは作れません。
自分の言う熱意や決意がそのままの温度で伝え伝えていくことなんて無理なことです。
「魔法瓶伝達」を幹部が考えること自体が間違っているのです。
学習塾経営は、他のサービス業とは「異なる特異性」があることに多くの塾長・経営者は気づいていません。

関連記事

  1. 学習塾成功法⑬
  2. 学習塾は、本業として生業として成り立つか?
  3. 雑談雑考:複数教室展開の必要性①「以前は良かったが…」
  4. クレームは宝物
  5. 雑談雑考;年収500万円稼げているか?
  6. 教室運営活性化とは⑧「論理的思考を助けるツールの活用」
  7. 個別指導塾のこれから①
  8. 個別指導塾のこれから⑥

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP