2教室目が失敗するワケ

こんにちは。
個人経営で単体教室の成功法と複数教室(2から10教室)成功法、それ以上の多教室展開成功法は、戦略と思考法が段階的に異なります。
単体教室がうまくいった方法で2教室を開校して失敗する場合が多いのは明確な理由があります。
「同じ教室」を創ろうとするからです。
塾長が一生懸命教室運営に携わった教室を自分ではない人に運営を任せて「自分と同じ様に」運営することは不可能なのです。
ではどうすれば?
コンセプトを変える…まったく新しい教室を創る逆転の発想が必要です。
但し、理念は共通なのです。
続く…

関連記事

  1. これからの生き残る学習塾経営⑧
  2. 雑談雑考:伸びている塾は何が違うのか?
  3. 教室運営活性化とは⑨「時間講師の質の維持・向上がカギ」
  4. これから生き残る学習塾経営②
  5. これからの生き残る学習塾経営⑦
  6. 雑談雑考;学習塾経営者として「明るき未来の為に・・・」
  7. 雑談雑考;成功する塾長は信念と経営戦略の両輪が必要
  8. 雑談雑考:夏の思い出①「心頭滅却すれば火もまた涼し?」

ブログカレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP