教室運営活性化とは⑩「積極的保護者対応」

皆さんは、保護者対応と聞いてどんなことを思い浮かべますか?

「電話応対、体験授業や入塾の時の説明」

「塾生の成績が上がらない保護者からの連絡対応」

「講習会の受講のススメ」

等々、多くは「待ちの対応」かと思います。

地域密着型の学習塾にすることが大切…と、教材会社やコンサルティング会社のセミナーで耳にすると思いますが実際に具体化している学習塾は少ないものです。

地域密着型の学習塾にするということは、積極的に保護者に対応していくことに他ならないのです。

教室運営活性化の手法の一つに「積極的保護者対応」があるのです。

ご興味がある場合は、どうぞお気軽に塾コンに「お問合せ」してください。

 

関連記事

  1. 雑談雑考:伸びている塾は何が違うのか?
  2. 雑談雑考;学習塾の将来性②「個人開業塾の未来は明るいか?」
  3. 塾長・経営者の熱意や言うことをそのまま伝えようとすることが間違っ…
  4. 学習塾経営について⑤
  5. 教室展開②:なぜ「二の足を踏む」のか?
  6. 個別指導塾のこれから⑩
  7. 雑談雑考:夏の思い出②「24時間マラソン勉強会」
  8. 教室運営活性化とは⑦「新商品開発と独自性」

ブログカレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP