特番;脱サラ&副業で学習塾を起業・開業する場合について

学習塾業界で講師や教室長をされている方でも、異業種で就業中の方でも辞職しての開業の前にしてほしいことがあります。

それは、「(当たり前ですが)つぶさな事前情報の収集と成功するための知識の習得」です。辞職してしまえば、収入が無いわけですから塾長として経営者として稼がなければなりません。当然、塾生が順調に集まらなければ収入を得ることはできません。

成功確率を上げるには上記のことが是非とも必要です。また、自身が教務指導をしない場合は、教室責任者を雇用しての経営になりますから特段に辞職する必要もないとも言えます。

合理的に考えれば、学習塾が軌道に乗ったら退職をしても遅くはありません。

塾コンでは、就業しながら学習塾を経営するサポートをいくつもしています。

ご関心があれば、お気軽に「お問い合わせ」ください。

関連記事

  1. 夏の雑考雑談⑪;学習塾の開業・起業「学習塾と学校は違うのです。」…
  2. クレームは宝物
  3. 指導理念は、飾りか?
  4. 6月でも入塾する方法
  5. 2教室目が失敗するワケ
  6. 個別指導塾のこれから②
  7. 学習塾成功法③「チラシ」
  8. 教室運営活性化とは③「問い合わせがないから仕方ないは罪」

ブログカレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP