これからの生き残る学習塾経営⑩

新聞折込やポスティングの反応が芳しくないのは、自塾だけではありません。

そうは言っても「新規開校教室」や「この学年を増やしたい」等紙面媒体での入塾が欲しいのは正直な心象です。

確かに紙面媒体でのはんのうが薄い昨今ですがその内容を心を砕き、改善して「より良き内要」にする努力はしていますか?

業者任せ、他塾と似ている…これを入れ続けても反応は薄いです。

折込3000枚で1件、ポスティング1000枚で1件の問い合わせ、これを達成しうる創り込みが必要です。

そんなことができるのか?

できます…ただ考えるだけではなく「創る為のツール」があるからです。

関連記事

  1. 教室運営活性化のススメ;無料「現状分析」のお知らせ
  2. 中高年の学習塾開業講座③「失敗は許されない」
  3. これからの学習塾にとって大切なこと
  4. 学習塾経営について⑤
  5. 雑談雑考:学習塾経営者の成功する資質、似て非なる「頑迷」と「信念…
  6. 新年のご挨拶
  7. 教室運営活性化とは⑥「ダメなものはダメを認めること」
  8. 人材育成の大切さ

ブログカレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. *

アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP