指導理念は、飾りか?

単教室か複数教室化によらず、学習塾が民間教育機関である以上、代表者・主催者・塾長の「考え方」を反映させた教務内容・教室運営でなければ、学習塾経営は成功しません。
偶に、「金だけ出すから…、あといいようにやって(利益を出す)くれ」てきな方もいらっしゃいますが、なかなか難しいものです。
この場合は、オーナーとして存在していただき、現場責任者の方のやはり「理念」が大切になります。
理由は、明白で、他塾との差別化の本質は、「個人の理念以外にありえない」からです。
パソコン塾が成功する確率が極端に低い理由の一つに、これが挙げられます。
塾長の教務力が「低くても」成功する塾はたくさんあります。
逆に、教務力が高くともうまくいかない塾もたくさんあるのです。

関連記事

  1. 個別指導塾のこれから⑨
  2. 教室展開⑦:適材適所・適所適材
  3. 安価で使えるコンサルティング;レインボー倶楽部
  4. 中高年学習塾開業成功事例;48歳・営業職・妻子有「就業しながら開…
  5. これからの生き残る学習塾経営⑨
  6. 教室運営活性化とは⑨「時間講師の質の維持・向上がカギ」
  7. 学習塾開業・起業;成功例ダイジェスト
  8. 雑談雑考:「口だけのコンサルティングか?」

ブログカレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. *

アーカイブ

PAGE TOP